クロックス カラーライト ブーツ ウィメンを履いた感想と口コミ!実は不安だった

スポンサーリンク

クロックス カラーライト ブーツ ウィメンの感想と口コミ
crocs ColorLite  boot w (16)
軽くてキレイ色で履きやすいブーツが欲しい方におすすめのクロックス カラーライト ブーツ ウィメン!

レディースで既にすごい人気になっているcrocs ColorLite boot w(クロックス カラーライト ブーツ ウィメン)をモニターしていて、前回はクロックス カラーライト ブーツ ウィメンの詳細情報に関してのレビューをしたのですが、今回は実際に履いてみた履き心地などのレビューです。

スポンサーリンク

クロックス カラーライト ブーツ ウィメンの履き心地の口コミ・感想

モニターすることになったのは、カラーライト ブーツ ウィメンの紫色。
クロックス カラーライト ブーツ crocs ColorLite  boot w

カラーライト ブーツ カラーが紫 ロイヤルパープルの印象

マットな質感で柔らかく軽いカラーライトを使ったコロンとしたデザインのフラットなブーツ。
crocs ColorLite  boot w (3)
このカラーはロイヤルパープルと表記してありました。
確かに上品な深いパープルですよね。

カラーライトブーツは5色あります。
crocs-colorlite (5)
画像の左から、タンブルウィード tumbleweed、ブラック black、パールピンク pearl pink、マホガニー mahogany、ロイヤルパープル royal purple

ズラーと5色が勢ぞろいしたクロックス カラーライト ブーツ ウィメンは、加工しやすいカラーライトだから発色のよい色合いを実現できたんですね!

今回のモニターは色が選べなかったのですが、なんとなーくロイヤルパープルが届くような予感がしていました。

クロックスのサイトや冊子に載っているカラーライトブーツは、モデルさんがこのロイヤルパープルを履いた写真になっているので、一番目に付いてすごく印象的で「カラーライトブーツ」言えば、ロイヤルパープルという感覚になっていたので、希望を兼ねた気持ちでパープルカラーを欲していたのかもしれません(笑)

ライナーは、ブラックとロイヤルパープルだけ中のボアも中敷きも同系色で揃えてあるんですよ。
だから、余計に気に入っていたんです。
crocs ColorLite  boot w (6)

他の3色はライナーや中敷きは白。
レビューの中に、やっぱり同系色のライナーがいいという声もあったほど。

サイズ選びに失敗した!?痛くならないブーツなのか検証

そして、実は不安いっぱいだったブーツのサイズ。
W6 22cmだから。

クロックスのシューズは足にフィットするものが多いのでw6 22cmでピッタリのものもありますが、それはパンプスやサンダルの話。

いつもはブーツやスニーカー系は23cm~24cmを選んでいたので、もしかしたら足が入らないかも、履けたとしても足が痛くなるかもと思っていました。

crocs ColorLite  boot w (15)
このカラーライトブーツは甲が低めにデザインされているので、履く時に結構力がいったり、甲高の人はもれなくと言っていいほどちょっと甲がキツイと感じてしまうんです。

私も甲高、そして幅広の足。
さぁ、うまく履けるでしょうか・・・。

思いのほかスッポリと履けちゃった。
crocs ColorLite  boot w (13)
履き口にヒールループが付いているので、ココに指を入れて上に引っ張ると本当に簡単に履けますよ。
crocs ColorLite  boot w (4)
おおっ、22cmのブーツなのに足にピッタリ~。
すごく意識を集中すると、なんとなく右足の人差し指が若干中で当たってる気がするって程度。

うん、でも確かに低めの甲の部分は足に当たってるのが分かる。
この辺りが痛くなっちゃうのかもな。

痛くならない理由

痛くなるかもという不安を抱えつつ、届いてから毎日のように履いていますが、痛くなっていません。

そうそう、初めてカラーライトブーツを履いた日は、外出予定があって遅れそうだったから、思いっきり走ったんです。

まだサイズが本当にピッタリ合うかどうかも分からず走ったら、後で足が痛くなっちゃうかもなぁ~ってちょっと覚悟してたんですね。
でも、大丈夫だった、あんなに走ったのに。
crocs ColorLite  boot w (14)
内側が全面ボア素材のライナーで、足にピッタリフィットして中で足が動いて靴と擦れてしまうことがなかったから痛くならなかったのかな。

それに、インソールも3cmのクロスライトだから、クッション性抜群!
crocs-ColorLite-boot-w (2)
さらに、ソールも快適性とクッション性の高いしっかりしたクロスライト素材だから衝撃を吸収してくれたのもよかったんだろうな。
crocs ColorLite  boot w (8)

見た目は頑丈そうなしっかりとした質感のブーツなのに、触ってみると驚きの軽さと柔らかさになっているんですよ!

ブーツって硬い素材だと足首の部分がガチガチで、ロボットみたいな歩き方になっちゃうことがあるけど、柔らかく曲がりやすいカラーライトだからスムーズな足の運びができるんです。

だから、甲の部分が当たっていてもカラーライト素材なら痛くならないんだと思う。

履きやすくて歩きやすいクロックス カラーライト ブーツ

レインブーツしても使える!?濡れても大丈夫?

雨の日も履いています。
nikonikokan (33)
結構な大雨だったけど、カラーライトの防水性がいかんなく発揮されて全く問題なかったから、これからもレインシューズとしても使えそう。

実際は縫い目があるので、完全防水のレインブーツとしては紹介されてないけど、ある程度の雨なら大丈夫そう。

カラーライトは防水性が高いので、お手入れがとっても楽チン。
crocs ColorLite  boot w (12)
靴のお手入れって結構めんどくさいけど、カラーライト素材でできたブーツだから汚れたり雨に濡れたりしてもササッとふき取ることができるんです。

そして、中のインソールが取り外しできるので、ボアの付いたインソール部分も全体のボア部分も濡らしたタオルで拭いて乾かせばお手入れ完了。
crocs-ColorLite-boot-w (1)
ずっと履いて中が蒸れてしまったままにしておくと、なんだかニオイがこもったり汚れやすいと思うので、そんな時はインソールを取り外せば早くムレがおさまると思いますよ。

衛生的でいいですねー。

シンプルなようで目を惹くブーツのコーディネートはどうする?

crocs ColorLite boot w(クロックス カラーライト ブーツ ウィメン)はフラットでカジュアルな印象。
crocs ColorLite  boot w

パンツに合わせればカジュアルな雰囲気そのままだし、スカート+タイツに合わせれば可愛らしさを表現できそう。

スキニーやレギンスをカラーライト ブーツの中にインして履いたり、靴下やタイツやストッキングでもいいし、もちろん素足のままでも履けちゃいます。
crocs ColorLite  boot w (1)

クロックスのDNAともいえるクロスライトと新素材のカラーライトの軽く心地よい快適な履き心地はもちろんデザイン性も高くオールシーズンOKなのが嬉しい!

2013年秋冬はクロックス コブラー バフド ラインド クロッグばかり履いていましたが、2014年冬から春にかけてはカラーライトブーツばかりになっちゃいそう。
crocs-ColorLite-boot-w
せっかくラップ カラーライト バレエフラットもあるんだから、しっかり活用しなくっちゃ。

クロックス crocs ColorLite boot w(クロックス カラーライト ブーツ ウィメン)のおすすめまとめ

にこにこ館まとめ

おすすめポイントがたくさんあります!
今までのクロックスになかった柔らかさと曲げやすさがプラスされた履きやすさ
キレイな発色とオシャレなデザインでどんなスタイルにも合わせやすい
クロスライトの軽くてお手入れしやすさはそのまま


crocs-colorlite

素敵なクロックス カラーライトをありがとうございました。
しっかりありがたい商品を使いニコニコ生活を目指します!美容と口コミ大好き@にこ

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. […] 詳細レビューを参考にしてくださいクロックス カラーライト ブーツ ウィメンを履いた感想と口コミ!実は不安だった […]

  2. […] クロックス カラーライト ブーツ ウィメンを履いた感想と口コミ!実は不安だった […]

  3. […] レビューはこちら!ご参考までクロックス カラーライト ブーツ ウィメンを履いた感想と口コミ!実は不安だった […]