【通販限定】炎麻堂 ぎょうざ鍋 辛みそスープは音鳴るサクサク餃子と悶絶辛さがヤミツキ

スポンサーリンク

東京炎麻堂 ぎょうざ鍋セット(辛みそ)を食べた感想通販限定】

鍋と言ったら、すき焼き、キムチ鍋、しゃぶしゃぶ、もつ鍋、寄せ鍋、ちゃんこ鍋、おでん、水炊きなどいろいろありますが、今年の鍋シーズンにおすすめしたいのが、ぎょうざ鍋!

それもただ寄せ鍋やちゃんこ鍋に餃子を入れたのではなく、鍋にピッタリの餃子を使用した珍しい・美味しい・ヤミツキになる特選無添加ぎょうざ鍋

中華の名店「東京炎麻堂」から生まれた通販限定メニューのお取り寄せグルメ ヤミツキになる美味しさと辛さの音鳴るサクサクぎょうざ鍋 辛みそを食べました!

詳細はこちら

通販限定【特選無添加ぎょうざ鍋】

スポンサーリンク

中華の名店「東京炎麻堂」から生まれた通販限定メニュー【特選無添加ぎょうざ鍋】

麻婆豆腐が人気の赤坂・神田・三軒茶屋にある炎麻堂(えんまどう)。

炎麻堂でぜひ味わってほしい人気メニューは、食感がヤミツキになるさくさく餃子!

このさくさく餃子を使ったぎょうざ鍋がお取り寄せグルメとして登場。

お店でも味わえない「東京炎麻堂ネット通販本店」通販限定のさくさく餃子を特製のスープとセットにしたぎょうざ鍋セット。

秘伝のオリジナルスープは、辛味噌と醤油があります。

  • 【から旨が好きな人におすすめ】
    最高級の豆板醤と自家製ラー油が香る「自家製辛みそ味」
  • 【こく旨が好きな人におすすめ】
    ホルモンが香るしょう油ベースの「もつ焼きしょうゆ味」

鍋の定番と言えば醤油ベースの気もしますが、辛い鍋がとても人気なんですよねー。

通販で鍋の素ランキングをチェックしてみたら、辛い鍋の素が人気ランキング上位でしたからね。

今回は、辛味噌スープ+さくさく餃子15個+ラーメン1玉 東京炎麻堂餃子鍋セット(2~3人前)をお試しさせていただきました。

特選無添加ぎょうざ鍋なので、材料は全て厳選された素材を使用。




東京炎麻堂 餃子鍋 辛味噌の作り方

冷凍便でのお届けで、中身はこちら。

    東京炎麻堂 音鳴る餃子鍋 辛味噌ベース 2~3人前セット 内容

  • さくさく餃子:15個
    ・豚肉、キャベツ、玉ねぎ、砂糖、塩、黒胡椒、醤油、オイスターソース、胡麻油、(原材料の一部に小麦、鶏肉、大豆、ゼラチンを含む)
  • 辛味噌ベーススープ(ストレート):750ml
    ・信州味噌、ピーシェン豆板醤、潮州ラー油、醤油、みりん、砂糖、唐辛子、にんにく鶏ガラスープ、かつお昆布出汁(原材料の一部に小麦、鶏肉、大豆、ゼラチンを含む)
  • 中華麺:1玉
    ・小麦、卵
  • 自家製ラー油:15ml
    ・唐辛子、落花生油、胡麻油

凍った状態のスープは冷蔵庫で自然解凍させて使います。
(届いてすぐにぎょうざ鍋を作りたい場合は、スープとラー油は冷蔵庫、餃子・ラーメンは冷凍庫でいいかもしれません)

作り方の紙にぎょうざ鍋になる具材が載っていたので、すぐに買い物に行きました。

    プラスで準備した具材

  • キャベツ
  • 長ネギ
  • にら
  • えのき
  • 焼き豆腐
  • 人参
残念なお知らせ:
張り切ってこと細かく写真撮影したのですが、不具合で「野菜をカットして鍋を作ってできあがり」までの数十枚の画像が全て保存されていませんでした……。
イイ感じの撮影ができていたので、お見せできないのがとっても残念です。

公式サイトに作り方手順が分かりやすく画像付きで説明してあり、ぐつぐつ煮込まれている美味しそうな鍋も紹介されているので、そちらでご覧くださいませ。

通販限定【特選無添加ぎょうざ鍋】

届いたその日の夜にぎょうざ鍋を作りました。

    東京炎麻堂 餃子鍋 辛味噌ベース 作り方

  1. 野菜や豆腐を適当な大きさに切る
  2. ぎょうざが焦げないようにするためキャベツなどを敷き詰める
  3. ぎょうざと残りの野菜や豆腐を入れる
  4. 辛みそスープを全部ストレートで入れる(水は必要ない)
  5. 中火でひと煮立ちさせ弱火にして5分でできあがり!
  6. 【〆のラーメン(鍋を食べている間に冷凍庫から出しておく)】
    美味しく食べて、具材が少なくなったら中華麺を入れて1分煮込む

好みの野菜や豆腐を適当な大きさに切って、具材・ぎょうざ・スープを煮込むだけでとっても簡単にできあがりますよ。


どのくらい辛い?東京炎麻堂 餃子鍋 辛味噌 味の感想

ぎょうざと言えば宇都宮や浜松が有名ですが、ぎょうざの町育ちなので、幼い頃からぎょうざを手作りしたり、美味しい餃子店の味に馴染んできているので、餃子にはちょっとこだわりがあります。

「さくさく餃子」と聞き、正直ピンときませんでしたが、食べた瞬間に納得!

まさにサクサク、これぞ音鳴る餃子

サクサク音がなる秘密は、慈姑(くわい)。

餃子の餡に慈姑(くわい)を入れているので、噛むとサクサクとした食感になるんですね。

添加物を一切加えないこだわりの無添加餃子。

そしてモチモチツルツルしたほどよい厚さの餃子の皮もただものではないと分かりました。

一大ブームを作った六厘舎など超有名店の麺を手掛けている老舗製麺所の浅草開化楼とミリ単位でこだわって共同開発とのこと。

焼いても美味しいし、鍋に入れても皮がドロドロに溶けて中の具材が出てしまうことなくしっかりしています。

それでいて、美味しいスープが餃子の皮にしみ込んで絶品の味。

餃子の食感と辛みそスープが本当にヤミツキになるんですよねー。

発汗!やみつき!悶絶スープ」と例えられる辛みそスープは、複雑な素材の合わせ技で辛さを「うまい」に変えているんです。

「最高級と言われる陳健一も使っているピーシェン豆板醤」と「辛いだけじゃなく香ばしさが魅力の媚薬の潮州ラー油」でヤミツキになる辛さに。

そこに「辛さを引き立てる甘味をだす信州味噌」と「コク・甘味の優れた青森産にんにく」を加えることで、マイルドな辛さに変化。

さらに「舌がしびれるような独特な風味を出すのは、中毒性のある中国のブレンド山椒」。

これらの辛さ・コク・甘味・しびれ食材を鶏ガラスープと溶け合わせることで、辛いけどもう一口食べたくなるヤミツキ辛うまスープの完成!

家庭ではどうやっても作り出せない本格派の味を手軽に簡単に自宅で味わえるのはいいですよね。

それもお店でも提供していない通販限定なので、お取り寄せグルメとしても貴重。

ラー油が別に付いてくるので、辛さの段階をお好みで調節できるのがいいですね。

辛いのが得意なので、最初は普通に食べて、少しずつラー油を加えて悶絶級の辛さにして食べてみたけれど、さらにどんどんヤミツキ度が増していきましたよ。

〆のラーメンは、鍋を食べている間に冷凍庫から出しておくと〆を作る時にはほどよく解凍されていて美味しく作ることができますよ。

【通販限定】店でも味わえない餃子鍋が買える

失敗したなー思ったのが、餃子を全部鍋に入れてしまったこと。

最初は焼き餃子用にとっておいたのですが、途中で味見をしたら今までに味わったことがない新鮮な美味しさがあったので、結局全部鍋に入れてしまったんです。

美味しかったから、餃子鍋としては大満足なのですが、ぜひ焼き餃子も味わってみたかった……。

餃子のお取り寄せもできるようなので、次回は辛みそスープ餃子セットと餃子を注文してみたいです。

▼音が鳴る餃子!?こだわり本格スープを家庭で手軽に味わえるぎょうざ鍋▼

  • 【から旨が好きな人におすすめ】
    最高級の豆板醤と自家製ラー油が香る「自家製辛みそ味」
  • 【こく旨が好きな人におすすめ】
    ホルモンが香るしょう油ベースの「もつ焼きしょうゆ味」

中華の名店「東京炎麻堂」から生まれた通販限定メニュー【特選無添加ぎょうざ鍋】

美味しいやみつき餃子鍋をありがとうございます。有限会社アトミックハート様から商品提供いただき記事にしました。
美味しいニコニコ生活を目指します!口コミ大好きにこ@にこにこ館

スポンサーリンク

シェアする