フェリシモの500色の色えんぴつの面白ネーミングが話題に

スポンサーリンク

500色 色鉛筆フェリシモのご紹介!
FELISSIMO フェリシモの500色の色えんぴつ felissimo-colorpencil

家族代々引き継げる圧巻のアイテムが欲しい方必見のFELISSIMO フェリシモの500色の色えんぴつ!

度々 メディアでも取り上げられ話題騒然になる500色色鉛筆。

スポンサーリンク

FELISSIMO フェリシモの500色の色えんぴつ

1992年にニューヨークやパリなどの世界主要都市で発売されたのですが、限定発売だったので完売となってしまいました。

その後、人気の声に応えて再発売し、今では世界中で7万人以上に使われているんですって。

felissimo-colorpencil (1)

毎月1回、25種類の中から、1セット(20色)ずつ25回のお届けで完成します。

どの色が届くかは届いてからのお楽しみです。

途中で購入をやめることもできますが、最後までコンプリートしたくなりそう。

フェリシモ フェリシモ 500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS


FELISSIMO フェリシモの500色の色えんぴつの名前

500色の色鉛筆の名前がスゴイとSNSでも話題になっています。
リニューアル発売により、それまで日本語名表記で記載されたいたネーミングが英語表記に代わりました。

個人的には、日本語名の方が分かりやすくてワクワク楽しかったのですが、世界販売戦略的に英語に統一したそうです。

でも、情報カードがついていて、日本語の色名も分かるので、英語と日本の2度楽しめそうですね^^

販売終了した2013年発売の500色鉛筆にはこんな名前がついていました。

  • ノルマンディの海に沈む夕日
  • 子兎のちいさなお耳
  • 台風一家の夕焼け空
  • イカスミのスパゲッティー色
  • ネス湖のネッシー
  • カナダのスモークサーモン
  • 10月のパンプキンパイ

他にも気になったネーミングがたくさん
・カシスソーダの誘惑
・温室育ちのブーゲンビリア
・苔むす石畳
・睡蓮の浮かぶ古池
・恐竜のいた原生林
・スコットランドの蔦の洋館
・瀬戸内に浮かぶ小さな島
・ファラオの時代のナイル河
・黄昏のスフィンクス
・博多の辛子明太子
・子供の頃の茜雲
・ぬかるみのムツゴロウ
・お昼寝するチャウチャウ犬
・お母さんのおしるこ
などなど

「博多の辛子明太子」とある意味直球の名前があったり、「ファラオの時代のナイル河」といったなんとも抽象的だったり、「カシスソーダの誘惑」なんてロマンティックなポエムのようなネーミングだったり。

とにかく楽しい名前がずらり。

このニュアンスを英語でどう表現しているのか楽しみですね。

▼500色全部の名前が分かります!▼

フェリシモの商品ネーミング

元々フェリシモの商品はとっても個性的なネーミングが付いています。

独特のなまえが商品一つ一つに物語を作っているかのようなネーミングになっています。


【期間限定キャンペーン】FELISSIMO フェリシモの500色の色えんぴつがお得になる

felissimo-colorpencil (2)

3つのお得なキャンペーンを実施中!

    500色色鉛筆 3つのお得なキャンペーン

  • ずっと送料無料
  • 【12,500円オフ】とも割り:誰かと一緒に購入で、通常ひと月1セット¥2,600のところ、特別価格¥2,100
  • 【15,000円オフ】セット割り:ひとりで2セット以上購入で、通常ひと月1セット¥2,600のところ、特別価格¥2,000

500色を2セットもいらないよ~と思いがちですが、お友達にプレゼントしたら絶対に喜ばれそう。

おしゃれイズムで松坂桃李さんが、濱田岳さんにプレゼントしていて話題になりました!

フェリシモの500色の色えんぴつをお部屋に飾る

飾り用と使う用の2セットにするのもいいですよ。
グラデーションで飾ったら圧巻の眺めですよね。

500色のえんぴつを壁一面に絵画のように飾れるディスプレイ用のフレームもフェリシモで買えるんですよ。

▼500本の色えんぴつを絵画のように楽しむぜいたくフレーム▼

▼500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS 専用ラック▼

FELISSIMO フェリシモでお気に入り商品を探してみて下さい

他にもたくさんの楽しくて元気になれるアイテムがたくさん。

プレゼントにも最適だし、自分へのご褒美にもなりますね。

フェリシモ クラソ felissimo-kraso

▼見るといろいろ欲しくなる!▼

とにかくスゴイ種類の可愛くてスタイリッシュな商品が盛りだくさんです。

フェリシモ商品大好き!
しっかりありがたい商品を使いニコニコ生活を目指します!美容と口コミ大好き@にこ


水曜日のダウンタウンで検証したやり過ぎ

TBS放送の水曜日のダウンタウンのコーナーで「世の中に溢れるやり過ぎ機能は本当に必要なのか?」を検証していました。

いろいろな「やり過ぎ」を検証していました。

500色の色鉛筆フェリシモ フェリシモ 500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS

水深4,000mでも使える腕時計

180ものコンテンツの入った電子辞書

10徳ナイフの80種類バージョン

12面体のルービックキューブ

スポンサーリンク

シェアする